購入からビワイチまで、2012年回想録(プロローグ)

​2016-06-25
え~昨年秋にガルマ骨折w、、今年に入ってメンバーでも骨折や足の負傷で走れない方がおられ、あらためて安全に注意が必要と感じております。

自分の力で50キロ、80キロ、100キロ、160キロ、、、あんなところまで行けた、、あの山を登れた、、、などなど、アドベンチャー的で高揚感もありますが、過度なツーリングコースやペースについて行くのやはり危ないですし、ルートを考える時もメンバーの安全を考える必要が有りますね。

まぁ~車に吹き飛ばされたり、自ら落車して骨折した僕が言うのもなんですが、みなさん無理しないようにね♪




実は僕がブログをはじめたきっかけはその怪我です。
ロードバイク中に車に跳ね飛ばされて骨折(肋骨、鎖骨)で長期離脱となり、その暇なときにブログなどを見ていたのですが、、

「びわ湖のブログって少ない」って思いから怪我が治って再び走り出すぐらいから書き始めました。

だから僕のブログには「(ロードバイクを)買います」「買いました」「初走行」などの記述もなく、すでに少し乗るようになってから、、ローバイクもいきなり2台目で登場してます。

そこで(梅雨でネタがないのでw)不定期ですがロードバイクを始めてから「初ビワイチ」をするまでの3ヶ月のことをまとめてみようと思います。前々から書こうと思っていたのですがなかなか重い腰が上がらずでして、、、とりあえず第一回目だけでも、、、



2012-夏ごろ

では今回は購入経緯から初走行までの話を、、、

それまでやってる唯一のスポーツはスノーボードで冬しか動かずそれも数回w、2012年ごろ年齢的に的に太ってきまして、、、え~中年太りですよ!(ガルマを探せ)

現在の体重は約67kgですが2012年はじめは84kgぐらいはあり、身体も重く感じなかなか痩せずにさらに太る勢いで「かなりやばい」状態で、ウォーキングを始めたのですが健康には良い感じでも痩せるにはかなり長時間取り組むことが必要です。

ならばとジョギングを始めてみるも膝が痛くなり「今まで運動してこなかったのに急に走ってはダメですよ~、ウォーキングにしましょう」っとドクターストップっとどうしたもんかと悩んでいた夏でした(笑)

そこで運動の候補に挙がってきたのが昔からレースは見るのは好きだったロードバイク、そのころちょうどBSアンテナでもスカパーが見れることを知り、J-Sportsを契約して本格的にツール・ド・フランスなどが見れる環境になってたのも気持ちを後押しします。

早々に本屋さんでサイクル雑誌を見ていると、程なく近所に専門店があることを発見しそのままショップへ脚を運びました。
そこで平日の少し時間があるときに来店したのが良かったのか、スタッフの方に事情を説明すると、、、身体への負担のことから、、自転車の種類、、ロードバイクの素材のこと、、必要な物、、初期費用などを分かりやすく説明いただき、、、まず「買おう」っときめました。

fc2blog_20160624174935da2.jpg
(試乗をしたり~)
その日はアルミとカーボンを乗り比べたり、体のサイズを測ってもらったりしてあっという間の時間はすぎました。1週間ほど候補から悩んで次の週には発注するという早業、マシンのメーカー在庫もあったので翌週には受け取れる感じでした。

さぁ~しかし、、、ここでひとつ悩み事があります。
実は今でもメンバーとして一緒に走ってくれているオペラMくんですが昔からの友達でして、、

オペラMくん
「ガルマさん自転車のりませんか?」
「そんなにレースとか見るんでした、そろそろ自分でも乗りましょうよ?」

自転車に興味が有るMくんからこんな感じで定期的に”そろそろ乗りませんか”と誘いを受けていましたがそのつど「僕は見るのが好きで乗るはいいよ~」っと断っていて、J-SPORTSを契約したこの夏前も「じゃ~そろそろ乗りましょう」っと誘ってくれてましたがきつく断ってました。

それを聞いてオペラMくんは「しばらくはないかな~」とあきらめ、おそらく夏のボーナスは車のローンなど繰上げで払ったりオーディをつけたりして使ったあとだった、、、

そんな夏です(笑)、、、
fc2blog_20160624174758e7f.jpg
(はい納車~)
2012年8月に納車です。

オペラMくん
「なに買ってるんですかぁ~」
「しばらくはいいって言ってたのに~」
「しかもカーボンフレーム買ってますやん!」
「夏のボーナスは使いましたよ~!」

いやぁ~申し訳ないMくん、ある日突然やる気が出てしまったんですよ♪
ただしMくんもそれならと意地でロードバイクを注文!、クロモリアンカーでカラーオーダーをして僕に少し送れて手に入れていました。




納車当初のガルマの自転車スキルはマシンを決めるときにショップの駐車場内で乗ったのみで全くの初心者でした。

受け取りに行ったの午後から、すでに以前より自転車に乗っている友達のN村くんについてきてもらって納車、ポジションなどをすこし合わせて夕方にびわ湖岸にで初走行でした。

N村くんに同行してもらった初ライド、、いろいろと注意事項などをレクチャーしていただきます。

fc2blog_201606241751500f6.jpg
(びわ湖での最初の一枚)
これから数々この場所で写真を撮ることになるのですがその最初の一枚、、、そしてこの日はこれだけ、、、全く余裕なしでした(笑)

2012/08/01 17:40
01帰帆島~琵琶湖博物館往復
バイクタイム 1:02:28
停止時間 7:03
距離 19.03 km
平均スピード 時速 18.28 km
最高スピード 時速 30.38 km
登り 21
降り 26
カロリー 590
まずは記念すべき初走行のデータです。
ルートは最近ほとんど走りませんが「朝練コース小」、今ではウォーミングアップ区間の往復ですね。

いわゆるサイクル道だけ走れるエリアで車道から隔離されて走りやすいルートです。もちろん歩行者、ランナー、駐車場への車の乗り入れには注意が必要ですが、基本的に空いているので初心者ライドにもってこいなんですよ。

今でもはっきりその日のことは覚えていますよ!
「うれしさ」「たのしさ」はもちろんですが、
思っていたよりかなり、、

走れてない!

20キロ弱と今では復路巡航で走っている距離ですが、休憩をちょっと挟んで1時間かかっています。それから「お尻が痛い」実は2週間ほどお尻パットなしで走っていました、無知とは恐ろしい(笑)。

感想としてはもうとにかく「ヘタクソ」です。
乗り方、ハンドルの握り方やブレーキのかけ方、クリートのはめ方はずし方などなにからなにまでぎこちなく、ロードバイクを買うって決め手からいろいろイメージしていましたが全くダメダメでした。

初めてなので当たり前なんですけど「自分ではもう少しスマートに出来る」っていう過信がありました。こんなヘタクソな状態ではとても車道を走るなんて無理だ、、、危ないし、迷惑になる!

「これはしっかりしないと!」それからはしばらくこのサイクル道で走る朝練をはじめることになります。

fc2blog_2016062417545577d.jpg
(TREK Madone3.1)
初代の愛車、2012年TREK Madone3.1です。入門グレードのカーボンモデルで、ちょうど秋に新モデルが発表になるのでプライスダウンが有り、ほぼ決めていたアルミモデルの値段でカーボンが買えたので変更して購入となりました。

そんな感じでガルマのロードバイクが始まりました!

次回は最初のひと月をまとめる予定です♪
(多分不定期です)








その1
購入からビワイチまで、2012年回想録(プロローグ)

その2
購入からビワイチまで、2012年回想録(最初のひと月)

その3
購入からビワイチまで、2012年回想録(距離をのばす走り)

その4(最終回)
購入からビワイチまで、2012年回想録(そしてビワイチへ)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

購入からビワイチまで、2012年回想録(最初のひと月)

2016-06-28
前回の
購入からビワイチまで、2012年回想録(プロローグ)
で今まで書いてなかった僕のロードバイク購入から初走行をまとめましたがその続き、、、

ところで、昔の画像を掘り起こしていると(ブログをやっていなかったので今ほど画像は有りませんが)いろいろと面白い物が見つかります、、、、

スクープ!2012年ガルマ~
fc2blog_2016062710515173f.jpg
(たぶん80kgぐらい?)
う~ん初々しい、そして太ってる!、怪我したときも80kgに戻ったりしてましたが、このころはほとんど運動をしていない脂肪ぶよぶよでしたからね~

ちなみにウェアは近くのスポーツ量販店で購入、下はアマゾンだったかな?、インナーパットをはいてます。シューズはスニーカータイプですがビンディングをつけてました、、SPDです。

いやぁ~なんだか客観的に見てもかわりすぎやろ~(笑)

fc2blog_20160628171050691.jpg
(今夜くらべてみました)
「違いすぎるやろ~」アプリで編集しながら自ら爆笑しておりました。
メンバーLINEで公開するとさらに大うけw、、、
dさんには「次の朝練は左のガルマさんに来て欲しい」っと言われw、「左のガルマと走りたい」っとの声を多数w
「左の人はアベ30km/hで走れない人、右の人はウォーミングアップをアベ30km/hで走る人、、」などなど多数突っ込みをいただき、、、

ツイッターでさらに、、
「別人~」っとの声はもちろんですが、「よく雑誌裏の広告見たい」(これで私は痩せました適なw、、)
「右の方は知っておりますが、左の方には出会っておりません」
などなど、良い意味で大炎上してました(笑)

しかし初々しい(自分で言うか!)



2012-8月

さてと、気をとりなおして最初のひと月の話です、、、

ガルマがどうやってロードバイクに慣れていったか!

​そんなわけで、初走行で下手くそとわかった衝撃をバネにw、、まずは地味に朝練を開始、仕事前に朝練コース小を走ることにしました。

幸い下手くそでしたがw走ることは物凄く楽しかったので「走るぞ」「走りたい」って気持ちが後押しして、朝練で早起き(僕にしては)もできました。

それまでの僕の生活は、仕事が10時からとゆっくりめです。だから夜中は3時頃まで起きていることもあり、朝は仕事に行くギリギリまでねているという完璧な夜型人間でした。今の仕事に就く前もそんな感じでしたので、もう何年も体に染み付いたパターンでしたが、自転車のおかげで朝方にかわれましたね。

おそらく休日にゆっくり遅寝するのって怪我で走れなかった時だけかもw、、、

fc2blog_20160625230433b88.jpg
(びわ湖へは車で)

話をもどすと、、、最初はとくかくヘタクソで危ないので極力車道を走らないで行動しておりました。朝練も車で帰帆島(びわ湖)までいきそこから湖岸のサイクル道走って帰る、そんな繰り返しです。

fc2blog_20160625231941efe.jpg
(ちなみにまだボトルなしですねw)
琵琶湖博物館のある烏丸半島エリアまで20キロ弱のコースですがそれで精一杯でアバレージも20㎞/hそこそこ、楽しかったのですが「走れるようになる?」っと思いながら1週間を過ごしてました。

一日置きに3回ほと朝練を走って次の休日、今でもおなじみの琵琶湖大橋のたもとの米プラザ往復に挑戦します。(朝練コース中)ちょうど距離は倍になりますが、ここも同じくサイクル道のみを通っていけるのでなんとかなるかと初40キロへ挑戦します。

fc2blog_20160625235351284.jpg
(なつかしい観覧車がまだあります)
琵琶湖博物館を超えて琵琶湖大橋方面へ向かいますが、登り、、これはかなり壁に見えましたよ。この時、インナーに変えるタイミングがわからず、登りが辛くなってリアを最大までを軽くしてからいきなりインナーに落として脚がガクンガクンとなり失速、、立ちゴケしそうにもなりました。

ほんとに最初は何をするにもぎこちない感じでしたが、いったいどんなフォームで走っていたのでしょうねw

fc2blog_201606252327562fd.jpg
(初米プラザ♪)
おぉ〜米プラまで来たぜ〜っと思わず叫びそうになったほど喜んでいましたが、意を決して挑戦して走った距離も今では朝練で高強度で走れるようになるとは、この時は夢にも思っていませんでした。

fc2blog_201606272004331b8.jpg
(初米プラのデータ)
あ、休憩少ないですがそもそも休憩しないでいいくらいのペースで走っていたのでほどほどの疲れでした。
これが今の僕の実力かと確認したしだいですw、、、、

帰帆島〜琵琶湖博物館往復の20キロ弱、帰帆島〜米プラザ往復の40キロ弱、びわ湖沿いのサイクル道を通ると車道を走らなくてもある程度の距離を走れるのがちょうど良く、1ヶ月ぐらいはひたすらここのみを走ることにな入ります。
IMG_5885.jpg
(走りやすい!)

たしか本で読んでか「ひと月500キロ」を目安に走行しようとし、、

fc2blog_20160626000107b03.jpg
(やりすぎ?)
最初のひと月の走行履歴、あっ、これは24日走ったわけではありませんよ、お盆休みに朝と夕方に走ったり、朝練コース小を2回走ったりしたためです。

ちょっとした安全なところでブレーキをかけて止まってクリートを外して立つ、そして走ってクリートをはめて、、、またとまる、、、ってことも繰る返しながら走ったりもしましたね、、、

fc2blog_201606260005414c3.jpg
(ボトル購入)
マシン的な変化はあまりなく月末にようやくボトルを購入して、それまで停まって飲んでいたドリンクも走りながら飲むようになりましたが、、、、これももちろん練習しました(笑)、、、

最初のひと月は、ほぼサイクル道のみ、疲れを残さない無理のない1時間ぐらいの走行を回数を多めで慣れることを心がけて、同じところをぐるぐると(笑)と走っていました。

しかしびわ湖好きが幸いしてか飽きることなく楽しくロードバイクライフとスタートした感じもあり、走りながら半笑いなるのはこの頃かです。

今からは想像できないひと月ソロでビビリながら(慎重に)走っていたガルマですが、、、
fc2blog_2016062720092787b.jpg
(月末の米プラ走行データ)
巡航で25~6km/hほどでなんとか行けるようになりました。

無理な所や距離を走らず、タンタンと体力づくりに励んで少し成長して最初のひと月を終えました。
いやぁ~全くドラマチックなことも起こらずにw、ホントに地味地味な最初のひと月です(笑)

次回は徐々に距離を伸ばしていった模様をお届けする予定です。
(不定期更新ですよ~)








その1
購入からビワイチまで、2012年回想録(プロローグ)

その2
購入からビワイチまで、2012年回想録(最初のひと月)

その3
購入からビワイチまで、2012年回想録(距離をのばす走り)

その4(最終回)
購入からビワイチまで、2012年回想録(そしてビワイチへ)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

購入からビワイチまで、2012年回想録(距離をのばす走り)

2016-07-10
前回は
購入からビワイチまで、2012年回想録(最初のひと月)
で最初のひと月の模様を書きましたが、その後のビワイチへ向けて距離を伸ばしていった話を、、(ちょっと間が開いてしまいました)



2012-9月

9月に入ると僕に遅れて購入したオペラMくんと一緒に走るようになってきました。
fc2blog_201607091104591f9.jpg
(ふたりで朝練♪)

ようやくソロライドから発展していきますが、オペラMくんとN村くんとのふたりしかメンバーはおらず、休みも違うのでまだまだ一人が多かったです。

9月に入っても基本的に8月とかわらず地味に朝練コース小と中ですが、40キロぐらいの距離が走れるようになってきたので次はどうやって距離を伸ばすか?、、、
どうやって長距離をはしるか?、、、
長距離を走ったらどうなるか?、、、
それが課題となりました。

そのころは不思議とスピードアップはそんなに気にならず「今走れるスピードで100キロを走ったとしたら何時間?」っとそっちの方が気になっており、今ではおなじみの「自分の力を考えながら出力を考えて走るパワーマネージメント」の片鱗を覗かせてるのかな(笑)

本来なら「あそこへ行ってみよう~」などなどツーリングにそろそろ目が向きそうですが、ちょこちょこ書いておりますが当時は今と考えられないほどビビリまくりで、ほとんど車道を通らないようにびわ湖沿いオンリーを走っていました。

距離を伸ばすにはそれを越えていかなければなりませんが、、、このときもまずは安全を考えて朝練コース中を走ってから朝練コース小(約60キロ)や朝練コース中を2往復(約80キロ)っと走ることにします。(まだ早いw)

また同じところをぐるぐるとですが、、、知ったところなので安心してサイクル道を行けますし、疲れれば途中でやめられるので調子をはかるのにちょうど良かったです。

まず9月最初の休みに60キロを走ってみてどれぐらいのペースで走ればいいかを確認、次の週に80キロ(朝練コース中2往復)走ってみます。60キロのときはそれほど疲れを感じませんが、80キロの時は終盤に少しペースが落ちましたね~、そして休憩してもそれほどペースは戻らずだったので「長い距離を走るのは油断ならない」っと感じたことを覚えてます。



2012-9月-中ごろ

普段の日は仕事に支障のない程度に朝練をして休日に長距離練習くりかえす9月ですが、いよいよ初の車道走行の練習としてびわ湖南湖一周を走ることに!
通称ビワイチと言われる北湖一周は150キロほどですが、南湖一周は55キロほどなので距離は経験済みでした。ただ、びわ湖の西側はほとんどが一般道(車道など)走行になりますので注意が必要。

大げさですがホントに最初は車道を走行しないようにしていましたのでドキドキでした、バイクを乗っていた経験は有りましたが若かりしころで感覚はわすれてます(笑)、あとは細かなところで「道がこれでいいナかな?」っと車で走っている時とは勝手が違うところがあるので注意が必要です。

fc2blog_20160709203758877.jpg
(ちょっと変則の南湖一周)

帰帆島をスタートして琵琶湖大橋を回るルートですので前半はいつも走っているところで問題なし、後半の琵琶湖大橋堅田~浜大津~近江大橋っというルートは車道走行がメインとなります。(瀬田の唐橋方面は交通量が多いのでこのときは回避しました)

fc2blog_20160709202736827.jpg

走るペースを決めていても車道走行の緊張からがんばりすぎたり大変でしたが、ここまで地道に体力づくりをしていたので結果的には走りきれました。

ただし課題も、、それまで車道走行をしていないので当たり前ですが、やはり車道で車との距離や間合い、右折左折、信号の処理などぎこちないところも有り、「クリートが、、」っとあせる時も、、、、ますます車道は怖い~っと思ってしましました。

そこで、、

fc2blog_201607092034583e3.jpg
(別の日に、、)

fc2blog_20160709105203084.jpg
(瀬田の唐橋方面へ)
ビワイチでの最重要危険ポイントだと思っていた唐橋方面は別の日で元気なうちに走ってみました。
やはり橋の周辺は交通の要所で込みますので無理をせずにじっくりと行く必要があると感じ、初ビワイチの時はここは外すこと考慮しました。実は僕の起点の矢橋帰帆島をスタートすると終盤の一番疲れてるときに唐橋を通ることになるので危険かと、、、

車道走行では他の交通とのかかわり方など安全面で色々と課題が見えてきますが、今思うとそこそこ自転車に乗る体力がついてからなので、他の交通との走りになれることに意識を向けながら走れていました。



2012-9月末

走り始めて2ヶ月ほど、、そんな感じでちょっと距離を伸ばしてきた9月ですが、ここでようやくちょっとだけ冒険にでます。
といっても朝練コース大でおなじみの休暇村近江八幡までの往復、、通称「休暇村アタック」にプチツーリング♪

目標はビワイチですが、この休暇村エリアも良い感じでオートバイでも良く走ってたところです。ただしオートバイよりもロードバイクで走るほうが有っている気がしていたので「行ってみたい」っと目標にしていたところです。(往復80キロほど)

fc2blog_20160709110558f5a.jpg
(やはりいい感じでした♪)
ロードバイクを乗り始めて2ヶ月ほどが経過してようやくツーリングって感じでしょうか?
帰帆島をスタートして一定ペースを守りながら淡々とびわ湖を北上していくと、普段走ると南と違って琵琶湖が大きく開けて見えます。車とは違うスピードなので新鮮な気持ちで走れました。

fc2blog_20160709210127775.jpg
(まずまず、、)
結構地味でしたが走り終わった一人で感動していましたw、、休暇村エリアのロケーションもいいのですがこの時の思いでがあるので今でも「休暇村or長命寺」方面に行きたくなるのだと思います。

速さはともかくと「このペースで行けば走れる」っと思い描いた通りに走れたのが一番の収穫でした。普段の走りで体力づくり、朝練コースの往復なので中距離を走るシュミレーション、、そしていざ目的のツーリングで予定通りのペースで走りきる。

ドラチックな出来事も出会いも有りませんでしたが物凄く楽しい2ヶ月でしたよ♪、、、走ることが楽しくて仕方がなかったので他はおまけでよかったですけど、地道に走れるようになる自分に感動ですね♪(調子のりましたw)

さて、ここにきてやっとロードバイクライフライフらしくなっていますが、いよいよ次回は初ビワイチまでの模様をお届け予定ですよ~
(あ、不定期ですからあしからず、、)








その1
購入からビワイチまで、2012年回想録(プロローグ)

その2
購入からビワイチまで、2012年回想録(最初のひと月)

その3
購入からビワイチまで、2012年回想録(距離をのばす走り)

その4(最終回)
購入からビワイチまで、2012年回想録(そしてビワイチへ)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

購入からビワイチまで、2012年回想録(そしてビワイチへ)

2016-07-27
前回は
購入からビワイチまで、2012年回想録(距離をのばす走り)
で少しずつ確認しながら無理をしないように距離を伸ばしていった話をしましたが、いよいよビワイチへ向けての最終章です。




2012-10月

購入から8月、9月と走ってきて3ヶ月目に突入します。すこしながめの距離を走るようになると朝練コース小が物足りなくなってきましたが、仕事前の朝練を出来るだけこなしてまめに走るようにしています、そしてちょっとだけ走る強度が上がりました。

そんな感じで10月にはいっても相変わらず走れる日は仕事前に朝練、水曜日に時間が取れるときには少しながめ走る日々でしたがそろそろ「ビワイチかな?」、まだ車道走行に慣れていませんでしたが距離に関しては朝練コースの往復や組み合わせで順調に
伸ばして100キロ弱は走れるようになってきてます。


そこでビワイチの前に100キロ越えルートを走ってみることにしました。選んだのは彦根城往復、帰帆島からだと120キロ弱で、近江八幡までは前回休暇村アタックで経験済みです。

ビワイチに関して東側で気になってたポイントが彦根や長浜周辺、このあたりは交通要所で湖岸道路も車が多く車道走行では注意が必要だと感じていたのでその確認にもなるかと思って行ってみました。

fc2blog_20160725131419572.jpg
(国宝彦根城♪)
スタートの帰帆島から琵琶湖大橋、そして休暇村までは問題なく、その後北上しても快調にはしれました。でも、彦根市街地近づくとちょうど通勤の時間帯になるので車道を通る部分では注意が必要なことも改めて分かり、無理せずに歩道や集落へエスケースで切るときはそちらを利用して、出来るだけ無理をしないように走ります。

近江八幡を越えるとサイクル道はなくなり車道走行がメインですから、慣れていないので注意しながらの走行です。今思うとこのときはミラーをつけていなかったので、大型トラックなどに抜かされるときはかなりビビっていました。

やっぱり後方のどれくらいの距離に車がいるなどの把握のために、ミラー装備は強くおすすめですよ!

fc2blog_20160725135451499.jpg

バイク、仕事や遊びなどで車で通ったルートですが自転車だとまた感じ方がかわるので、湖北側を試走しておいて良かったと思いましたね~

fc2blog_20160725133624988.jpg
(まずますの走り)
ここでも、いままで走った経験から「このペースで走れば大丈夫」と決めた速度&強度で走り程よい疲労感で走りきれましたね。
100キロを越えて終盤にかかると疲れ度合いも変わるかと思いますが、ビワイチに向けて走れるペースがおおよそ把握できた感じです。




2012-10末

いよいよビワイチへ挑戦です。

fc2blog_20160725140101a13.jpg
(まずは通ったルートの説明)
体力的には大丈夫だと自信は有りましたが初ビワイチなので色々と考慮してます。

まずは瀬田の唐橋をまわるフルイチではなく、近江大橋を渡るルートにしております。これは終盤の疲れてたときに交通の多い時間帯の唐橋周辺はまだ避けるべきだと考えてです。

あと、ちょっとだけ早起きしてw、それと休暇村エリアは通らずに素通りして彦根方面を目指します。朝のラッシュ時間をさけて、出来るだけ早めに彦根~長浜間を抜ける方が良いと判断したため、少し勾配がある休暇村は避けました。

fc2blog_20160725132209e9c.jpg
(順当でした!)
前半の賤ヶ岳までは順調に予定通りの時間で回れました。

帰帆島から琵琶湖大橋まではいつも通っているルート、そこから北湖エリアに入りますが長命寺までもサイクル道があるのでペースをまもって淡々と良い景色をみながら気持ちよく走り抜けました。
彦根までのルートも先日に彦根城まで往復したので、注意ポイントや集落にそれるところなども確認していたので問題なし、、

そして未走行エリア、長浜方面へ向かいます。
この区間も市街地は車道も狭く交通量が多いところがあり注意しながら、時には無理せずに歩道を使いました。ただし、長浜城を抜けると走りやすくなり、湖北のさらに開けたびわ湖を堪能しながら進み、前半の山場といいますが唯一の登りの賤ヶ岳のトンネルをこえてびわ湖最北端にたどり着けました。

補給についてはびわ湖東側は適度にコンビが有り心配はありませんが、一応念のためにダブルボトルで補給食も固形とジェルを持っていったので困ることはなかったです。それに絶好の秋晴れのツーリング日和で、今思い出しても気持ちよく走れたことしか有りませんよ♪

あ、湖西側ではマキノ方面は全く慣れていないところだったのですが、桜の名所の海津大崎は車でよく来たところで景色もよく楽しく走れました。

その後は何度か道に迷いましたw、、、どうしても琵琶湖の西側は琵琶湖沿いからそれるときもあるので「ここびわいち推奨ルートかな?」っと不安になるときも有りましたが、それほどタイムロスもなく順調にすすみ、新旭風車村や白鬚神社を通り米プラザまで帰れました。

しかし後半に入ってから、首と肩、腰にすこし痛みが出てきて、耐えられないレベルでは有りませんでしたので休憩で身体をほぐしたり、体重のかかり具合に変化をもたせて走っていました。疲れてくるとサドルにどっしりと座るようにもなってきたので、じゃっかんお尻も痛くなりましたねw、、、

連続して走った最長の160キロを越えてさすがにちょっと疲れを感じます。琵琶湖大橋(米プラザ)からは湖西の交通の要所を越えていかなければいけないので気を引きし締めて走り、、、堅田~浜大津~近江大橋とルートをとり、、

fc2blog_20160725132222e8e.jpg
(帰帆島ゴール)
ほぼ予定通りの時間に帰帆島にたどり着きました。

体の痛みや疲れは感じていましたが、意外と元気で「これなら唐橋も回ってフルイチにすればよかったかも」っとも感じたのですが、何事も油断は禁物です。
ツーリングは「もう少し走れたかな?」っと思えるぐらいで抑えるのがちょうどいいのですよね♪

fc2blog_201607251336499fe.jpg
(満足です)

人生の中でほとんどがんばって運動してこなかったアラフォーのおっさんが、なんとかロードバイクを始めて3ヶ月でビワイチできました。

しかし、、、
オペラMくんも「よく一人で行けましたね!」っと声を貰いましたが、このころはほとんど一人で走っていましたw、(今からは想像も出来ない)

最後はちょっと駆け足になりましたが、ロードバイク納車後の3ヶ月はこんな感じで淡々とびわ湖沿いのみ走っていたガルマでした。
このビワイチまでの3ヶ月で「これはやめないな!」っとロードバイクを続けていくと確信して、ガンガン走るようになりましたね~

その後はオペラMくんと、それからルーべWくんも購入して3人で走るようになりましたが、、、実はその年末にガルマが交通事故にあい骨折長期離脱となりますが、、、、(ルーべWくん、オペラMくんに見守られて軽トラックに吹っ飛ばされますw)

また気が向いたらその話も書きますかね、、、、(この怪我がなければビワサイブログはなかったかもしれませんからね~)

っということで2012年回想録ご清聴ありがとうございました。





その1
購入からビワイチまで、2012年回想録(プロローグ)

その2
購入からビワイチまで、2012年回想録(最初のひと月)

その3
購入からビワイチまで、2012年回想録(距離をのばす走り)

その4(最終回)
購入からビワイチまで、2012年回想録(そしてビワイチへ)




初ビワイチにしては休憩少なくない?
っと思った方は是非ワンクリックをw
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

サイクリスト歓迎!
虹やロゴ
ぜひ一読を!
プロフィール

ガルマ

ビワサイ管理人:ガルマ
「レース観戦好きで乗るのはいいよ~」って言い続けてうん十年(笑)
ある日(2012年8月)突然ロードバイク購入してハマりました。
主に(滋賀県)びわ湖/南湖の東側を走っているビワサイ管理人(リーダーじゃないよ)、ソコソコ登れないルーラーもどきです。(5%までの男)(LOVEコーラ♪)
誤字脱字はご愛嬌で!
愛車TREK domane4.5(2013)
相方GiantESCAPE R3(2017)

ビワサイ/主な練習コース
最新記事
最新コメント
リンク
ショップリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ!
RSSリンクの表示
ビワイチ、通行止め情報
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
エマージェンシーカード
緊急シート
便利でカッコいいバンド型♪
アスレチカ IDバンド
↓お願いします↓
ランキング参加中
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
Cycle news.....
ガルマもたまにつぶやいてます♪
にほんブログ村
朝練/その他連絡掲示板
掲示板を開く
メール
チームジャージ
チームジャージ
随時受付中です!
セカンドジャージ
セカンドチームジャージ
随時受付中!
ビワサイ、冬ジャージ!
冬ジャージ
随時受付中
検索フォーム
ビワサイ語録,噂,都市伝説
KS
家族(彼女)サービス
ガルマリサーチ
希望や願望も含めた分析結果
ワシントン条約
朝練の登りはひと山だけ(笑)
グルメ部
消費カロリー<摂取カロリーを目指す集い
秘密兵器投入
ニューアイテム購入(笑)
アカン日
強度をあげる人が多い日
アカン組
強度をあげる人が多いグループ
乱す人orアカン人
強度をあげる人
ビワサイ倫理委員会
ビワサイを良い方向に導く良識あるメンバー
ネジを回す
イニシャルdさんはゼンマイ式でネジを回すといつまでも走れる
黄金のタレ
前に出るもすぐにタレる
慢性的に筋肉痛
ガルマの太もも裏の状態
慢性的に疲れてる
イニシャルdさんの口癖
水曜どうでしょう
水曜日に走るメンバーの集い
大泉洋似
ロヴィニマスター
停まっているような
ダンシング

登りでのガルマの非効率なダンシング風景
メタロノーム
頭、身体がブレブレで走るメタボびとさん
5%までの男
勾配がきつくなると失速するガルマのこと
勇気ある撤退
潔くちぎれること、停まること、走りに出ないこと

特に苦しいときケイムラさんからこぼれる言葉
Raphaの世界
極寒の中(山など)走ること!
正装
ジャージにヘルメット、サングラス、グローブまでフル装備すること!
念力
何も立てかける物のない所でロードバイクを静止させるガルマの技
ロヴィニ雨
琵琶湖大橋付近から北側で良く降る雨
世を忍ぶ仮の姿
普段着、私服のこと
敢闘賞
特に活躍した人に贈られる栄誉!
打ち合い
写真を取り合うこと
米屋号
米屋じゃないけどなぜかそう呼ばれるhebochuさんの軽トラ
乗り気橋
朝練復路ゴール橋の現在通称(変動制?)
上納金
お預かりするジャージ代金の別名w
だいたい元気
ガルマの身体のコンディション