一番力が掛かっている時のペダル位置、考え方編

2017-01-10
先日、以前に書いたペダリングについての復習、焼き直し的な一番力が掛かっている時のペダル位置!記事ですが思ってた以上に反響がありました。

あまり上手く伝えられないのと、マニアックな事を書くとメンバーから「むずかしいw」っと抗議(笑)があるのでどうかなと思っていましたが、見てないメンバーが多いようでw、、

あと、質問メールなどもたくさん頂いたのでもう少し書きます。




前回記事から少し細かく、一番力(体重)が掛かっている時のペダル位置、もしくは掛かっていると思っている、、、さらにもしくは掛けたいと思っている位置の時にどう考えているか、、、、

力のかけ方05
(使いまわしw)
さて、僕が一番力をかけたい、、、かけようとしている、、、、かけたいと思っている位置ですが、ここに至るまでの考え方を書きます。



力のかけ方2_1
(写真1)
まずは一番力をかけたい位置に至る手前の段階ですが、スムーズに脚を上げる、、、あがってくるのを待つ、、、そんな感じでいます。

特に引き脚を使って!なぁ~んてまったく考えてません、あくまでも下死点から上がってきた脚を自然に上死点まで持っていく感じで、逆に脚を上げないと(引き脚を、、)っと意識しないとダメなときは僕にとっては上手くペダリングが出来ていないときです。(後で書きます)

力のかけ方2_2
(写真2)
上死点にきました、ここで上がってきた脚を上半身でしっかりと受け止める感じです。

下からの力を利用して太もも裏の筋肉が曲がって力を溜めて一番を使える状態になりペダルに力を掛ける準備完了です。

力のかけ方2_3
(写真3)
太もも裏から尻筋を曲げて溜めた力を伸ばして()、ここで体重(オレンジ)も乗せながら脚を下のおろして()ペダルにパワーを掛けていきます。

登りなどでもっとパワーが欲しいときはハンドルを手前に引き、上半身が上に逃げないようにブロッキングもします、、、上半身でしっかり蓋をするイメージで、ペダルに体重を掛けてパワーと伝えます。

最近はこの時に太もも裏を使った〜っと意識できるようになって来ました、ペダルに体重を乗せながら太もも裏の筋肉を伸ばしてパワーをかけてます。

力のかけ方2_4
(写真4)
ここまでくると太もも裏の筋肉は伸びて役目を終えています。

ここからは出来るだけ真下にかかっている力を抜いて下死点を通過するように心がけます、、、じつはこのときに反対側の脚が写真1の状態に有り、いつまでも下に向かってグイグイ力をかけていると片方の脚を上げる邪魔になりスムーズに上にきません。

力のかけ方2_5
(写真5)
この時は力をかけないようにスムーズに回します。

僕のバロメーターですが脚が自然にスゥ~っとあがってこないと「踏みすぎ!」。特にキツイ登りや巡航トレでペースがあがってきつくなるとついグイグイ踏み込んでしまっているようで、がんばっていると感じていますが結局は脚が綺麗に上がらず無駄に力を使ってペースを落とす事が多いですね(笑)

だから意識して脚を上げないとって時は僕にとっては踏みすぎでダメなペダリングです。

軽くクルクル~っとまわして巡航しているとそれほど必要ありませんが、登りや巡航ペースアップなど、トレーニングで出来るだけ大きな力を長く出したいときは意識して心がけないとすぐに勇気ある撤退になりますねw、、、

もともと重たいギアを踏めない、無理に踏むと膝が痛くなるという悪循環をなんとかしようと太もも裏の筋肉(ハムストリング)をがんばって鍛えようと取り組んでから1年半ぐらい?、、、、最近ようやく太もも裏を使えている感じです。

以前は太腿の前側や膝のすぐ上の辺りの筋肉、脹脛が良くつっていましたが最近はめっきりすくなりました。

最近はStageのパワーメーターを導入して、体重の掛け方により出力に違いなども分かります。踏み方や頭や身体の位置を探りながら良いポジションを探ってますよ~




っと言いつつ最近登りに行ってない
ガルマにしっかりしろよクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

パワーメーター導入しますとペダリングの理論から
実践そして検証と自分の感覚に照らし合わせながらも
数字で確認できるのがいいですよね!d('∀'*)

うん!また山行くべっ!!

tsuboさんへ

山か、、最近ヒルクライムって
実はインターバルトレーニングで
僕の求める持久力トレに向かいなのでは、、、、

っといい訳じみたガルマリサーチを述べてみたり(笑)
また山トレ行きます♪

こんにちわ

大変参考になります。

自分はウェートトレーニング歴30年バイク歴25年程
ですがバイクを本格的にはじめたのは3・4年でヒルクライム
メインでレースやロングライドをしています。
ハムストリングを使って効率良いペダリングを心掛けて
いますが中々難しいで。(ペダリングスキル悪すぎです)

ウェートトレーニングも鍛えたい筋肉を意識する事は
非常に大事です。→本人十分分かってます
(意識しないとトレーニングになりません)

たかが自転車、、、されど自転車、、、奥が深いです、、、、、

又、スキルアップに関する記事よろしくお願い致します。

nobkaさんへ

コメントありがとうございます
参考になれば嬉しい限りですよ~

この辺りの話は個人差や、その人の乗り方で
必要だったっり、ちょっと違ったり、関係なかったり
しますので難しいのですが、、、、

そして答えがなかなか見つからないのも大変ですが
これからも何かためになる記事を書けるようにがんばります♪


サイクリスト歓迎!
虹やロゴ
ぜひ一読を!
プロフィール

ガルマ

ビワサイ管理人:ガルマ
「レース観戦好きで乗るのはいいよ~」って言い続けてうん十年(笑)
ある日(2012年8月)突然ロードバイク購入してハマりました。
主に(滋賀県)びわ湖/南湖の東側を走っているビワサイ管理人(リーダーじゃないよ)、ソコソコ登れないルーラーもどきです。(5%までの男)(LOVEコーラ♪)
誤字脱字はご愛嬌で!
愛車TREK domane4.5(2013)
相方GiantESCAPE R3(2017)

ビワサイ/主な練習コース
最新記事
最新コメント
リンク
ショップリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ!
RSSリンクの表示
ビワイチ、通行止め情報
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
エマージェンシーカード
緊急シート
便利でカッコいいバンド型♪
アスレチカ IDバンド
↓お願いします↓
ランキング参加中
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
Cycle news.....
ガルマもたまにつぶやいてます♪
にほんブログ村
朝練/その他連絡掲示板
掲示板を開く
メール
チームジャージ
チームジャージ
随時受付中です!
セカンドジャージ
セカンドチームジャージ
随時受付中!
ビワサイ、冬ジャージ!
冬ジャージ
随時受付中
検索フォーム
ビワサイ語録,噂,都市伝説
KS
家族(彼女)サービス
ガルマリサーチ
希望や願望も含めた分析結果
ワシントン条約
朝練の登りはひと山だけ(笑)
グルメ部
消費カロリー<摂取カロリーを目指す集い
秘密兵器投入
ニューアイテム購入(笑)
アカン日
強度をあげる人が多い日
アカン組
強度をあげる人が多いグループ
乱す人orアカン人
強度をあげる人
ビワサイ倫理委員会
ビワサイを良い方向に導く良識あるメンバー
ネジを回す
イニシャルdさんはゼンマイ式でネジを回すといつまでも走れる
黄金のタレ
前に出るもすぐにタレる
慢性的に筋肉痛
ガルマの太もも裏の状態
慢性的に疲れてる
イニシャルdさんの口癖
水曜どうでしょう
水曜日に走るメンバーの集い
大泉洋似
ロヴィニマスター
停まっているような
ダンシング

登りでのガルマの非効率なダンシング風景
メタロノーム
頭、身体がブレブレで走るメタボびとさん
5%までの男
勾配がきつくなると失速するガルマのこと
勇気ある撤退
潔くちぎれること、停まること、走りに出ないこと

特に苦しいときケイムラさんからこぼれる言葉
Raphaの世界
極寒の中(山など)走ること!
正装
ジャージにヘルメット、サングラス、グローブまでフル装備すること!
念力
何も立てかける物のない所でロードバイクを静止させるガルマの技
ロヴィニ雨
琵琶湖大橋付近から北側で良く降る雨
世を忍ぶ仮の姿
普段着、私服のこと
敢闘賞
特に活躍した人に贈られる栄誉!
打ち合い
写真を取り合うこと
米屋号
米屋じゃないけどなぜかそう呼ばれるhebochuさんの軽トラ
乗り気橋
朝練復路ゴール橋の現在通称(変動制?)
上納金
お預かりするジャージ代金の別名w
だいたい元気
ガルマの身体のコンディション