僕にとっての休むダンシング

2014-11-11
さて、、今日は文字が多くて
うまく説明できてないと思いますので「さらり」と流してみてください(笑)

今年の初めから山練習をしていますが、最初は脚力不足で登れないことが多くてかなり苦しみました。
その中で一番苦しんだのが休むダンシング、、、そのことについて書いてみます。

Webや雑誌などでも紹介されている休むダンシングですが、ペースアップやスパートの時に使う力の入ったグイグイ行くヤツではなく、疲れたときや疲れないために登りなどで利用する方です。

やり方としては、、、
サドルから立ち上がってあまり前重心にならず、自分の体重を使って右、左っと脚を交互に真下に踏みおろすって感じで体力&脚を温存して登ると紹介されています。

ただし、、
そもそもダンシングが苦手ってこともありますが、まったくマスターできませんw
いろいろと人にも聞いて練習してますが、結局どんなにこの休むダンシングをしても心拍は下がらず、脚はどんどん疲れていき、、、、最後には自分の体重を乗せて踏み込めないようになります、、、休めないんですよね~

ちなみに、、、、
よくロードレースをTVで見るのですが、決して攻めている時ではない登りで軽~くダンシングしている選手がいるのですが「休むダンシングしてる?」っと思って観察しています、、
でも、自分の体重で踏み込んでるようには見えず、、「プロは違うのなぁ~」っと感心していました。
登りを練習するようになってからも、がんばって取り組んでますがもう休めないダンシング状態なのであきらめ気味にw、、、

そんな時に偶然に買ったDVDでダンシングを見て、ようやくつかんだ気がしてます。
栗村修さんのDVDでイメトレです
真ダンシング練習
梅雨に負けじとダンシングトレ


ではここから本題ですw
僕の理解している一般的に言われている休むダンシングは、、

重心位置はサドルからすっと立ち上がり、ハンドルには手を添えるだけであまり体重をかけません。

休むダンシング1
(ニュートラルな位置から)
そしてペダルに体重を乗せて落とす、、
右、左っと、、、固定ローラーなので左右の振りが表現できませんが、落とし込んだ脚の反対側に軽く自転車を振る程度にして腕にはあまり力が入らないように、、、登りがきつければぐぅ~っと踏み込んで少々とまりかけても良いって言われることも、、、
全体重をペダルに乗せられて無駄なく伝えられますし、リズムよく右、左っと落とし込むだけで登っていけます。

でも僕は、、、
うまくできてないのが原因かもしれませんが、勾配がきつくなったり長時間続けると持ちません。

結局は脚に力がかかっている状態なのでどんどん足の筋肉が疲労して、、、疲れる、、、最悪は痙攣、攣ってしまったり、、、
「ゆっくり、体重だけ使って~」といわれますが、その体重を乗せる脚が時間がたつと疲れます、、鍛え方が足らない?
もう少し右、左をゆっくりやればいいのか試して、、一回一回とまってるごとくw、、、やはり長い間は維持できません。
「スピード殺しすぎ~ギヤを重くして~」って言われますが、、、重くするととさらに脚が終わっていきますw

ここからは僕なりのイメージで解説しますが、、
休むダンシング2
(赤い部分に常に力がかかってます)
体重を掛けて脚を下ろす間は脚に常に体重がかかり、筋肉は休んでません。言われるように重いギアにして、さらにゆっくりと右~左~っとやると、力のかかってる時間はさらにながくなり、、、、、そのうち脚が終わってしまいます。


っとそんな時に栗村流のもうひとつの休むダンシング、、、
まず違うのが重心位置、、思いっきりハンドルに体重をかけます、、、僕は鉄棒に乗るイメージで最初練習しました。

真休むダンシング
(こんな感じ)

ハンドルに体重を乗せて、背筋は伸ばし気味に、、ほとんど脚に体重はかかっていません、、
でもこれはやってはダメですよっと言われていた姿勢ですね。

真休むダンシング_1
(腕に体重をかけてます)
かなり体重をかけてますが、腕は伸ばして体に近い位置にあるのでそんなに辛い体勢では有りません、、、
脚は膝をハンドルに当てるようなイメージで振り上げます、、、

真休むダンシング_2
(太もも裏を使って軽く後ろに向かって蹴ります)
ペダルには脚を伸ばして蹴るイメージ、、、、体重をかけて落とし込むのではなく脚を伸ばして、太もも裏を使って後ろに向かって蹴るイメージです、、、、

脚を後ろに向かって蹴る少しの間だけ力がかかり、先ほどのダンシングよりも脚に力のかからない時間がうまれて筋肉を休ませることができます、、ギアは軽くして回転を早くします、、、限界まで軽くしてる場合はそのまま、、、重いギアにはしません、、、そして踏み込まずに蹴る感じです。

脚を上げることをイメージして、力がかからない時間をできるだけ作ります、、、、そうです、まさに脚を休ませてます、、、

先に紹介した体重をかける方のダンシングに比べるとパワーのかかっていない、勿体無いダンシングになっていると思います、、、でも、長い登り、苦しい時やきつい勾配をこれで登れるようになりました。
全体重を落とし込まなくても登れてます~


ここで僕の目的意識の整理です
僕にとっての休むダンシングとは脚の筋肉を休ませられるダンシング、、、、脚に体重をかけなくても進めるこのダンシングがあっていると感じました。

なにも、これが正解とは思いませんよ
ただ、タイム的にはあまり上がりませんが、今まで止まったり、足が攣ったり、登る気をなくしたりw、、、っとありましたがこのダンシングのおかげで「とりあえず登るだけなら~」っと変わりました。
「もう山好きな人になりましたね」っとオペラMくんに突っ込まれるほど、周りからも変化がわかるようです。
あっ、しつこいようですが登りは嫌いですからね!

一般的な休むダンシングができている方はいいですが、「休むダンシングでも結局疲れる」って方は一度試されてもいいかとおもいます、、、あわなければごめんなさい、、、
僕の回りでの話ですが一般的な休むダンシングをうまく利用されるのは軽量級の方が多いので、体格や走り方などでも合う方がいるかもしれません。(体重をかけるほうも練習は続けて行くつもりですよ)

ガルマといっしょにヘンテコなダンシングを練習しませんか?(笑)
とりあえず脚を後ろに蹴るようにするので「蹴る蹴るダンシング」とでも呼びましょうか?

しかしこの流れがあったので、NHKの番組「チャリダー」で竹谷さんがレクチャーされていた脚を上げるペダリングで負担を減らす走りの意味も理解できたと思います。(リンク先の一番下に解説があります)

大きなペダリングについて(僕もすこしかいてます)

最近は山練でもタイムは停滞、、、、
ただ、ツーリングや走ってみたいところに登りはつきものなので、休みながらでも登れればと、、、、

今年はなんとか山を登れるようになったので、来年はいかにしてタイム更新するか考えましょうかね~
(考えるだけすが、、w)





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

わかりやすい♪

栗村流は見た目はアレ(笑)ですけど、確かに楽に登れますよね。
さらにこの時、「膝を上げる」ではなく「大腿骨を引き上げる」と意識すると腸腰筋が使えますから、また使う筋肉を変えて疲労を散らすことができますよ♪
だから僕なりには「大腿骨でハンドルを叩く叩くダンシング」です(笑)

kiyomaxさんへ

kiyomaxさんおはようございます

>栗村流は見た目はアレ(笑)ですけど、
>確かに楽に登れますよね。

初めの頃に練習しだして
「あのヘンテコなダンシングはなんですか?」
っとみんなに言われてましたからねw

これでしばらくゆる〜くかわしながら
登りをせめてみます(笑)

私の場合

youtubeから栗村氏の休むダンシングを知る事になり、ヒルクライムのコツなんかを教わったつもりになっていますが、ガルマさんは勉強熱心で頭が下がります。
自己流は何処かで頭打ちになってしまいますからね。
今はネットと言うものが出来て便利な世の中になりました。
が、情報が溢れ過ぎて、何が正しいのかw
私は栗村氏を支持していますんで、良い方向に伸びると信じています。

ドギーさんへ

おぉ、ドギーさん栗村さん派ですね、、

まぁ〜僕は勉強熱心というか
考えるのが好きなんで、、、
何か課題を持って走ってます(笑)

こんどルモンタウン一緒に行きたいですね

休めるペダリング

ダンシングが苦手です。
ヒルクライム中に、息を整えたいときに、体重移動のペダリング+引き手でアシスト+引き足を、シッティングの状態でやるペダリングを「休めるペダリング」と称して、使っています。
激坂は、このペダリングのみ使用ですが、まだ足付きが多く、これからの課題です。

ichirou2015さん

ichirou2015さんこんばんは~


> ダンシングが苦手です。
同じですね、、、なかなかダンシングで休めないですね
その「休めるペダリング」はなんとなく分かりますよ

ほんとスイスイ登っていく人がうらやましい限りです!
サイクリスト歓迎!
nicolaorogo.jpeg
虹やロゴ
ぜひ一読を!
プロフィール

ガルマ

ビワサイ管理人:ガルマ
「レース観戦好きで乗るのはいいよ~」って言い続けてうん十年(笑)
ある日(2012年8月)突然ロードバイク購入してハマりました。
主に(滋賀県)びわ湖/南湖の東側を走っているビワサイ管理人(リーダーじゃないよ)、ソコソコ登れないルーラーもどきです。(5%までの男)(LOVEコーラ♪)
誤字脱字はご愛嬌で!
愛車TREK domane4.5(2013)
相方GiantESCAPE R3(2017)

ビワサイ/主な練習コース
最新記事
最新コメント
リンク
ショップリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ!


RSSリンクの表示
ビワイチ、通行止め情報
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
エマージェンシーカード
緊急シート
便利でカッコいいバンド型♪
アスレチカ IDバンド
↓お願いします↓
ランキング参加中
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
Cycle news.....
ガルマもたまにつぶやいてます♪
にほんブログ村
朝練/その他連絡掲示板
掲示板を開く
メール
チームジャージ
チームジャージ
随時受付中です!
セカンドジャージ
セカンドチームジャージ
随時受付中!
ビワサイ、冬ジャージ!
冬ジャージ
随時受付中
検索フォーム
ビワサイ語録
KS
家族(彼女)サービス
ガルマリサーチ
希望や願望も含めた分析結果
ワシントン条約
朝練の登りはひと山だけ(笑)
グルメ部
消費カロリー<摂取カロリーを目指す集い
秘密兵器投入
ニューアイテム購入(笑)
アカン日
強度をあげる人が多い日
アカン組
強度をあげる人が多いグループ
乱す人orアカン人
強度をあげる人
ビワサイ倫理委員会
ビワサイを良い方向に導く良識あるメンバー
ネジを回す
イニシャルdさんはゼンマイ式でネジを回すといつまでも走れる
黄金のタレ
前に出るもすぐにタレる
慢性的に筋肉痛
ガルマの太もも裏の状態
慢性的に疲れてる
イニシャルdさんの口癖
水曜どうでしょう
水曜日に走るメンバーの集い
大泉洋似
ロヴィニマスター
停まっているような
ダンシング

登りでのガルマの非効率なダンシング風景
メタロノーム
頭、身体がブレブレで走るメタボびとさん
5%までの男
勾配がきつくなると失速するガルマのこと
勇気ある撤退
潔くちぎれるのこと、停まること、走るのをやめること、走りに出ないこと、無理をしないこと

特に苦しいときケイムラさんからこぼれる言葉
Raphaの世界
極寒の中(山など)走ること!
正装
ジャージにヘルメット、サングラス、グローブまでフル装備すること!
念力
何も立てかける物のない所でロードバイクを静止させるガルマの技
ロヴィニ雨
琵琶湖大橋付近から北側で良く降る雨
世を忍ぶ仮の姿
普段着、私服のこと
敢闘賞
特に活躍した人に贈られる栄誉!
打ち合い
写真を取り合うこと
米屋号
米屋じゃないけどなぜかそう呼ばれるhebochuさんの軽トラ
乗り気橋
朝練復路ゴール橋の現在通称(変動制?)
上納金
お預かりするジャージ代金の別名w
だいたい元気
ガルマの身体のコンディション
ガルマポイント
ガルマの喜ぶ事をすると獲得できるポイントシステム