急ブレーキを掛ける練習!

2015-11-20
さてさて、、、鎖骨骨折で暇をもてあましてちょこっと書いてるシリーズですが、身体を動かすようになってきたのでひとまず今回で終了かな?、、

例によってだらだらと取り留めなく書いているので、仕事中に読んで業務に差し障っても当局は一切関知しないのでそのつもりで(笑)

そんな今日の話題はブレーキについて!

ロードバイクでもブレーキを握ると、タイヤと地面と間で抵抗が起こって減速していきま、身体の方は進行方向に押し出されないように保ってふんばります。この抵抗と踏ん張りの絶妙なブレーキポイントが一番減速する力が強いところで、急ブレーキになればなるほどにバランスを保つの難しくなりますね、、

握りが強すぎるとタイヤがロックしたり、、はたまた滑ったり、、、支えきれずにに体が前に乗り出したり、、、落車に繋がるので気をつけるポイントです。

予断ですが昔、、知人にポルシェを乗っている方がいたのですがそのオーナークラブでスズカのドライビングスクールを受講するのに同行させてもらったことがました。
講習内容はサーキットの走り方から始まり、発進や減速、、コーナーリングや危険回避など多岐にわたり、スポーツカーを安全に
しっかり走らせようって感じのもので、、、印象の残ったシーンがあり、、

広い駐車スペースでわざと路面をぬらしたコーナーをポールで作りスピンを体験するってものでしたが、担当の方が先に車で走ってデモを見せて「こういう感じでスピンしてしまうので体験してみましょう」っと次は各メンバーがそれぞれの愛車で体験、、、、

っとここで、、、、ポルシェまったくスピンしません(笑)!、、スピードを上げてコーナーに入ってブレーキを掛けてもそのままグッグッグっと止まります、、、ちょっと横に向くことはありましたがまったくスピンせず!

担当の講師の方も「ブレーキ性能が違いすぎる!」

僕自身もポルシェって言えばスポーツカー代名詞で速さを追求した車という印象が強かったのですが、走れるってことは同時に止まることも重要なんだと感じたのを覚えています。

そんな車でもモーターサイクルでもロードバイクでも大切なブレーキですが、僕が気を付けていることを、、、



そもそもスピードを出さなければいいとも言いますが、外を走っていると急な飛び出しなどの思いがけないこともあり、、急ブレーキを必要とするときはが出てくる可能性があります。

そこで僕はたま~に急ブレーキの練習をしてます、、、、何処でも出来ることではないのですが道路の片側が芝生や柔らかい土など万が一の時はそちらに倒れこめるようなところでするのが理想です。

そんなに無理にハイスピードから急制動をする必要有りません、スピードもゆるめでもいいです、、
自分のマシンでロックしたらどうなる、、、
どれぐらいの前後バランスがいいか、、、
姿勢はどうやって保つか、、、
などなど、急ブレーキを経験しておくかそうでないでおおきく変わると思います。

とっさの時になかなか出来ることではないので、ほんとに低速からでも良いので練習して体験しておくことは大切だと思います。

えらそうなことを言ってますが先日は軽く前輪ロックで落車&鎖骨骨折っとなっている私ですが、、、、普段から急制動の練習をしていたので落車する寸前まで姿勢も乱さずできるだけ減速できたと思っています、、、、軽く右に曲がっているので急ブレーキしながらの針路変更も難しく、、不運にも砂が浮いていいるポイントで最後は前後のバランスが崩してしまっての落車となりました、、、、

そんな一瞬の中でもこけるまでの状況ははっきりと覚えてます、骨折はしましがた出来る限り減速しようとし、最後は受身を考えてこけて、、、、その後はすぐに起き上がって歩道にエスケープと動けました。

あまり減速できずにそうそうに滑ったり、ロックしたりしていればどこかに突っ込んだ入りしてもっと大怪我に繋がっていたかもしれません。

そもそもはそうなる前の判断ミスは反省しており、これからよりいっそう気をつけていかなければと思います。しかし、今回は急ブレーキの練習をしてことで少しは怪我の程度が軽くなり、その後対処できたとも思っています。




まず、、、普段のブレーキで気をつけてることですが、出来るだけ直線で減速、、これに尽きます、コーナーで曲がりながらはすべる原因になります。

そしてブレキーがもっとも利くポイントは車輪がロックする寸前のおいしいところです、、、、これをつかむためにも急ブレーキを掛ける練習が必要かもしれません。

前ブレーキと後ろブレーキをどれぐらいの感覚で握れば安定して止まれるか!
止まるには前ブレーキを強く握る必要がありますが、自転車は軽い分前輪がロックすると前に投げ出されて一回転しやすいので注意がいります。

何度も言いますがほんとに低速でも良いのですよ、、、、普段よりもちょっと強めにブレーキを掛けて体感しておくだけでも違います。
(あ、くれぐれも無理をしないで安全に!)

それから、先ほどポルシェのブレーキ性能の話をしましたが、ロードバイクでもグレードにより変わります。
ポタリングやツーリングではさしたる差は出ませんが、レースなどでハイスピードからのブレーキングやコーナーで位置取りでこまめなスピード調節が必要になりますが、普段はそんなシーンはないですね、、、

レース思考でもなければエントリーグレードについているタイプで十分って声もあり、、まぁ~そうかなっと思うんですけど、、、

やはり急ブレーキ時での反応が違います!
何度も言いますがとっさのときに出来るだけ早く止まりたい、、マシンもコントロールして姿勢も維持したいって時には重要になってきます。

僕は1年前にキット標準で付いていた物からULTEGRAグレードに換えましたが、剛性があがりよりブレーキも効き、そしてブレーキの調節幅が増えたように思いました。
握った状態からもグ~、グ~、グ~って感じに段階的に強めていくと強さにあわせて適切に減速する力が働いていいんですよ♪

そんなわけで、走るって事は止まらなければいけません
一度ブレーキを練習するのもおすすめです!


<追記>
コメント欄に勉強になる補足を書いていただきました
そちらも是非読んでみてください!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑ランキングに参加中
クリックいただけると
励みになりますbyガルマ

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

いいお話しなんで

僕もライドの合間なんかに、たまに急制動の練習してます。速く走る技術は一生懸命磨こうとするけど、命を守る制動って疎かになりがちですもんね。

せっかくなんで補足をみっつだけ。
ひとつ目は、ビンディングやなくてスニーカーでやりましょう。足着きするギリギリまでブレーキしっかり掛けた後、ビンディングやと転倒の恐れがあるし、足が固定されてない状態で極限に近い練習をしとくとゆとりを持ってトライしやすいし♪

ふたつ目は、ロックのさせ過ぎ注意(笑)
もちろんどこまで握ればロックするのか知ることも大切なんやけど、リアなんかは比較的簡単にロックさせることができてかつ車体を倒しさえしなければ転倒もまずしないからって何回もやってると、タイヤが終わる(笑)
ロックしたとこはフラットスポットが出来るから、高いタイヤが凸凹しちゃう、、、
交換前のタイヤか、練習用ホイールの安タイヤでやりましょう!

最後に、万一の転倒に備えて倒れ込む練習。
家に厚目のクッションやソファーがあったら、そこにバタンと倒れる動作は一度は経験しておいた方が良いかと。家と自転車と身体に傷がつかないよう養生してね。とっさに手をつくと被害が拡大しやすいから、筋肉量の多い肩やお尻で着地するようなイメージを体感すること。よく「ハンドルから手を離さない」と聞くことがあるのはこの辺からかと。
僕は家でデカいビーズクッションに倒れこんで練習しました(笑)

kiyomaxさんへ

どうもありがとうございます
思うがままにだらだら書いただけなので
足らないところがあったと思います。

良い感じでフォロー&追加コメント勉強になります

言われる通りブレーキ練習も大切な事だと思います

昔、クロスバイクに乗っていた頃、左から一旦停止せずに車が出てきたので慌てて急ブレーキ....

無意識で急ブレーキを掛けると私の場合は右手のほうに強く力が掛かるようで、前輪がロックしてジャックナイフになりかけて心臓がバクバクした事がありました。^_^;

そんな事が有ったので今では私が乗るバイクは全て右後輪、左前輪ブレーキにしています。(おかしいかな?)(笑)

普段のブレーキングは前輪ブレーキメインで前輪ブレーキ掛けてから後輪も掛ける意識かな。

kiyoさん、私も急制動の練習何度かやった事あるけど確かにタイヤ減る減る(笑)でも、倒れる練習まではしたことないな(^^)


イニシャルdさんへ

以外と反応が多い(笑)

dさんも危ない思いをされたことがありましたか、、
まぁ~大なり小なり皆さん経験がおありだと思いますから
ブレーキ練習、、倒れる練習って必要ですね

>右後輪、左前輪ブレーキにしています。(おかしいかな?)(笑)

外国やプロレーサーなどはそうなっていることが多いですね、
逆ににほん独自なのかも、、右前輪、左後輪、、

どっちがええのか

ブレーキラインなんかを考えると海外仕様の方が普通かと思えますね。
日本の場合はオートバイのブレーキに倣ったように記憶してます。
あとは利き腕の方が器用でかつ握力強いんで、咄嗟に握る力ある方をリアに持っていくのは自然ですかね。僕はオートバイ上がりなのと左利きなんで、日本仕様の方が合ってる気がします(笑)

kiyomaxさんへ

なるほど、、僕もバイク経験と左利き(両きき)
ってことで違和感がないんですね!!
サイクリスト歓迎!
虹やロゴ
ぜひ一読を!
プロフィール

ガルマ

ビワサイ管理人:ガルマ
「レース観戦好きで乗るのはいいよ~」って言い続けてうん十年(笑)
ある日(2012年8月)突然ロードバイク購入してハマりました。
主に(滋賀県)びわ湖/南湖の東側を走っているビワサイ管理人(リーダーじゃないよ)、ソコソコ登れないルーラーもどきです。(5%までの男)(LOVEコーラ♪)
誤字脱字はご愛嬌で!
愛車TREK domane4.5(2013)
相方GiantESCAPE R3(2017)

ビワサイ/主な練習コース
最新記事
最新コメント
リンク
ショップリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ!
RSSリンクの表示
ビワイチ、通行止め情報
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
エマージェンシーカード
緊急シート
便利でカッコいいバンド型♪
アスレチカ IDバンド
↓お願いします↓
ランキング参加中
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
Cycle news.....
ガルマもたまにつぶやいてます♪
にほんブログ村
朝練/その他連絡掲示板
掲示板を開く
メール
チームジャージ
チームジャージ
随時受付中です!
セカンドジャージ
セカンドチームジャージ
随時受付中!
ビワサイ、冬ジャージ!
冬ジャージ
随時受付中
検索フォーム
ビワサイ語録,噂,都市伝説
KS
家族(彼女)サービス
ガルマリサーチ
希望や願望も含めた分析結果
ワシントン条約
朝練の登りはひと山だけ(笑)
グルメ部
消費カロリー<摂取カロリーを目指す集い
秘密兵器投入
ニューアイテム購入(笑)
アカン日
強度をあげる人が多い日
アカン組
強度をあげる人が多いグループ
乱す人orアカン人
強度をあげる人
ビワサイ倫理委員会
ビワサイを良い方向に導く良識あるメンバー
ネジを回す
イニシャルdさんはゼンマイ式でネジを回すといつまでも走れる
黄金のタレ
前に出るもすぐにタレる
慢性的に筋肉痛
ガルマの太もも裏の状態
慢性的に疲れてる
イニシャルdさんの口癖
水曜どうでしょう
水曜日に走るメンバーの集い
大泉洋似
ロヴィニマスター
停まっているような
ダンシング

登りでのガルマの非効率なダンシング風景
メタロノーム
頭、身体がブレブレで走るメタボびとさん
5%までの男
勾配がきつくなると失速するガルマのこと
勇気ある撤退
潔くちぎれること、停まること、走りに出ないこと

特に苦しいときケイムラさんからこぼれる言葉
Raphaの世界
極寒の中(山など)走ること!
正装
ジャージにヘルメット、サングラス、グローブまでフル装備すること!
念力
何も立てかける物のない所でロードバイクを静止させるガルマの技
ロヴィニ雨
琵琶湖大橋付近から北側で良く降る雨
世を忍ぶ仮の姿
普段着、私服のこと
敢闘賞
特に活躍した人に贈られる栄誉!
打ち合い
写真を取り合うこと
米屋号
米屋じゃないけどなぜかそう呼ばれるhebochuさんの軽トラ
乗り気橋
朝練復路ゴール橋の現在通称(変動制?)
上納金
お預かりするジャージ代金の別名w
だいたい元気
ガルマの身体のコンディション